※只今、一部冷凍商品を除き、予約販売とさせていただいております
 年間販売量に限りがあり、お電話での事前予約、又は店頭での在庫確認の上のご予約販売と
 させていただいております。
 お客様のご理解とご協力を宜しくお願いいたします。



牛肉の部位について



1・肩 やや固めの脂身の少ない部位
2・肩ロース(くらした) やわらかく風味があり、サシの入りが良い特選ロースなどに使用。
3・リブロース ロースの真ん中の最も厚い部分。脂肪多く霜降りになりやすく見栄えも良い。柔らかく脂の濃厚な旨みがある濃厚な旨みがある。キメ細かく、肉自体の風味をもっとも堪能できる部位。
4・サーロイン いわゆる牛肉の最上級部位。ステーキ肉。
5・ヒレ もっとも柔らかな部位。中央の肉厚が最高
6・ランプ  腰からお尻にかけての部分で、大きな赤身です。とても柔らかく旨みがあるがクセのない部分で、 ロースト・ビーフに最適なほか、さっと焼いたものをワサビ醤油で食べると絶品です。 牛刺しにもなります。  
7・内モモ・しんたま  外モモより柔らかく脂肪の少ない赤身の多いかたまりです。均質なかたまりがとれるので、 ローストビーフにむきます。  
しんたまは、内モモの下にある球状のかたまりでシンシンという中心の部分と外側に分けられます。 外側は筋がありやや固いのですが、シンシンはきめが細かく味の濃い部分でローストビーフにむくほか、 ステーキ、シチューからタタキまで幅広く使えます。手に入ればお勧めです。
8・胃袋(ホルモン) センマイ、ガツ、ハチノス、ミノなどの種類があります。
9・バラ肉 肋骨の外側の部分で、脂が多いのですが肉の部分も固めです。 こってりとした味わいなので煮込み料理に使われます。
お腹の三枚肉の部分でカルビとして有名です。脂と肉の旨みが重なって濃厚な味わいです。
10・前すね
12・ともすね
ふくらはぎの部分。筋が多いのですが、じっくり煮込むと濃い味が出ます。 ボルシチなどの田舎風シチュー料理に使うと絶品ですが4〜5時間煮込む必要があります。 ひき肉の材料にもなります。 
11・外もも 大きな赤身の固まりでやや固い。角切りや薄切りで売られることが多い
13・イチボ ももの肉のやわらかい部位。ユッケや牛肉のタタキ・刺身など生食でも使われる
14・テール 尾の部分です。アクを取りながら5時間以上煮込む必要がありますが、 軟骨がゼラチン化して柔らかくなり大変おいしいスープがとれます。 シチューやスープで。韓国料理のコムタンも忘れられません。


 

inserted by FC2 system